どこまで手伝う?

こんにちは!

樋口です。



今日の午前中はみんなで公園へ行きました。

歩き組と車組に分かれて公園へ行って、午前中いっぱい遊びました。


遊具にも挑戦!

高い場所へ登るのもドキドキ!



シャボン玉もやりました!

シャボン玉は追いかけて、割るのが好きみたいですね(笑)

うーん、いい笑顔!




午後は、大縄跳びを行いました。

両足ジャンプが難しい。






 ところで、なんでもそうですが、大人が子供のやることをどこまで手伝えばいいのかという疑問は、こういう仕事をしているとよく考えます。

 全部手伝っていたら、本人の自立心や達成感が育まれないし、かといって、本人に全部やってもらうとうまくできなくてイライラしていたり、結局後で大人がやり直ししないといけなくなったりしますよね。

 できなくても頑張ってやってみると案外できたりする、というような経験もしてほしいし、しかし、「できない~」と助けを求められてしまうと、かわいくてついつい手伝ってしまいがち。

 その境目が非常に難しいですが、基本的に福祉の考え方としては、「1人でできることはすべて1人でやってもらう」なんですよね。

 もちろん、できないことは手伝いますが、最後の仕上げは本人にやってもらって達成感を得てもらったり、甘えて「できない」と言っているときは「1人でできる!」と励まします。嫌でも1人でやり遂げることによって、「自分はできるんだ!」という自己肯定の感情を感じてもらいたいのです。

 最初はとても大変かもしれませんが、泣こうが叫ぼうが大人が手伝わないと分かれば、自分でできることは自分でやることができたりします。


 福祉の現場では、理想を高く持っていたいなあと思う今日この頃でした。


では、みなさん、よい週末をお過ごしください!


18回の閲覧

児童発達支援・放課後等デイサービス

キッズすてーぶる

東京都府中市清水が丘 2-45-4-1F

TEL:  042-306-5557

E-mail:  info@kids-stable.com