シャボン玉と療育


こんにちは!

夕方からにわか雨が降るそうですが、お洗濯物を外干ししてきた樋口です!

天気と自分で賭けをしてきました。勝てるかな?



今日は天気がよかったので、午前中は公園へ行きました。

公園内に信号があったので、少し交通ルールも学びました。


シロツメクサを摘んでみたり、水たまりで泥遊びをしてみたり。

お外ならではの五感を刺激する体験をしてきました!


シロツメクサの花束を持って、プリンセスのポーズ♡

編集の関係で、ちょうど花束が見られないが残念(笑)



さて、広場ではシャボン玉で遊びました。

みんなシャボン玉は好きなようで、ぶわああと出てくるシャボン玉に大興奮。




今は時勢のこともあり、ストロー状の吹いて出すシャボン玉は行いませんでしたが、実は、「吹く」というのはとっても大事な力です。

シャボン玉を出すためには、力加減も絶妙にしなければなりません。強すぎても弱すぎても、シャボン玉はでてきません。勢いあまって吸ってしまうと、今度はお口の中が大変なことに!

その絶妙な力加減を、「吹く」という作業で表現するのは、実はとても難しいのでした。


自分には簡単なことでも、ほかの人は難しかったり、その逆もありますよね。

「どうしてできないの?」と思うようなことでも、本人たちにとってはとても難しい作業だったりするんですね。




シャボン玉ぶわあああ!!

近くにいた地域の子どもさんも、一緒に楽しみました。




バブルガンのひきがねを引くと、たくさんのシャボン玉がでてきました~。

自分の力でたくさんのシャボン玉ができるとうれしいですね!


梅雨晴れのなか、楽しい体験ができました。


気温差が激しいので、体調に十分気を付けてくださいね。

では、また、次の機会に!


34回の閲覧

児童発達支援・放課後等デイサービス

キッズすてーぶる

東京都府中市清水が丘 2-45-4-1F

TEL:  042-306-5557

E-mail:  info@kids-stable.com